言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ネットスラング

「鋼メンタル」

投稿日:2019年6月20日


「鋼メンタル」

出典元、ネット各所。一般的にも使われているかもしれないが。

「鋼メンタル」(はがねめんたる)、この人は精神力が強い、プレッシャーに強い、という意味で使われるが、人物に対してというよりどちらかというとシチュエーションに対して用いられる表現かもしれない。固い物と言えば鉄だが、鉄をさらに鍛えて固くしたものが鋼(はがね)である。ダイヤモンドまで行くと宝石の価値的な意味が出てしまうので、ほどよいところで鋼が使われているのだろう。いや実際は言いやすさのおかげで定着しているだけかもしれないが。類義語としては「鉄の心臓」がある。

日常生活より、芸能人やスポーツ選手などに対するコメントや感想で使われる。プレッシャーと言われるとスポーツ選手を思い浮かべるところだが、スポーツだとどんなにプレッシャーが掛かる場面でも想像の及ぶ限度というものがある。サッカーで言うならば代表戦だろうか。国を代表して戦う負けられない試合で、さらに入れれば勝つ、外せば負けるPKシーンなどは心臓の締め付けられる、最高にプレッシャーの掛かるシーンだろう。野球ならば打たれれば負ける最終回のシーンや、逆に打たなければ負ける打者側の視点か。チームメイトの個人記録が掛かったシーンにもかなりの重圧が掛かると思われる。しかしながら、ルールの範囲内なのでなかなかこれ以上というものもないだろう。

しかし芸能という視点で見てみると、度を超したプレッシャーというものは存在する。

例えば怒らせちゃいけない芸能界の重鎮に、駆け出しの芸人が失礼なタイプのドッキリを仕掛けるシーンなどはどうだろうか。最終的にネタばらしする事は決まっているものの、仕掛けている最中はどれだけ睨まれるか分からないし、怒鳴り付けられる可能性だってあるだろう。シーンが凍る様な、視聴者にも伝わる緊張感に耐えられるのは、「鋼メンタル」の持ち主でなければならない。

また歌手の視点で言うと、全く盛り上がっていないコンサートでいつも通りのパフォーマンスを行うのにも非常に強いメンタルが要求される。自分たちのファンのいないところでコンサートなんて、と思われるかもしれないが、複数の演者が出演する対バン形式のライブなどでは、そのバンドに全く興味のない客を相手にパフォーマンスするシーンもあるだろう。オラオラ系でいつも通り「お前ら盛り上がってるかー!?」などやるものの、冷めた目で微動だにしない客が相手である。小さい箱でのライブだと客も目の前で、凍った空気すら伝わる。ちょっと奇抜な語りを入れたり、恥ずかしめのネタを用意して来たりした日には、やっぱやめようの気持ちが生まれるだろう。そんな状況で全て予定通りこなした人には、「やりきりやがった」の言葉と共に「鋼メンタル」の称号を与えられるだろう。

レアなパターンでは、声優をテレビ出演させ、誰も知らないようなキャラクターの演技をさせるシーンなどがある。誰もが知っているキャラの声優に混ぜて、マイナー過ぎるキャラの声優を入れると威力が高い。そのキャラの事など全く知らない司会や共演者の目は泳いでいるし、客席の人たちは真顔である。しかしそこで声優も、そのアニメの関係者やファンの事を考え、「ここにいる人は知らないと思いますが」とも言えず全力で頑張るのである。まさに「鋼メンタル」の必要なシーンと言えるだろう。

つまり単にプレッシャーの掛かるシーンというよりは、度を超して恥ずかしいシーンなどにも要求されるのが「鋼メンタル」である。そういう人らに対して周りの者は、あ、この人なにやらせても「鋼メンタル」で乗り切っちゃうんだろうな、と尊敬の念を込めて思うのである。

-ネットスラング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ネットスラング」

「ダイレクトマーケティング」

「ダイレクトマーケティング」 出典元、マーケティング手法の名前。しかしここでは「ステルスマーケティング」発生以降の、それの対義語としての「ダイレクトマーケティング」について語る。 というかまともな意味 …

カテゴリー「ネットスラング」

「本田△」

「本田△」 出典元、不明。だがある時期からネットで誰かが書き込み始め、そのハイセンスな略し方が次第に広まったようだ。 「本田さんかっけー」と読む。 サッカーの本田圭佑の活躍をネットで賞賛する際に使われ …

カテゴリー「ネットスラング」

「やめてさしあげろ」

「やめてさしあげろ」 出典元、ネット各所。さらに先の元ネタからの派生であるが、それについては触れない。 「やめろよ」や「やめなさい」ではなく、「やめてさしあげろ」である。ニュアンスとしては、「w」をい …

カテゴリー「ネットスラング」

「うっ、あたまが」

「うっ、あたまが」 出典元、ネットのどこか。元ネタはよく分からない。 意外と使い勝手がいい。しかし知らない人に使ってもそのまま受け取られるかもしれないので、使う際には注意が必要である。バファリンとは関 …

カテゴリー「ネットスラング」

「自分を追い詰めていくスタイル」

「自分を追い詰めていくスタイル」 出典元、ネット各所。あるいは、もっと以前から存在する言い回し。 スポーツ選手などで”追い込みを掛ける”という言い方があるが、大会前にこれまでよりメニューを増やしたり負 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。