言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

小説

三国時代を書いた羅貫中の”小説”「三国志演義」横山光輝、吉川英治、そして光栄”三國志”

投稿日:2020年2月6日

「三国志演義」

出典元、羅貫中の作と言われる、中国の三国時代を書いた小説の名前。小 説 の 名 前。

歴史とは恐ろしいもので、「昔だなぁ」と「大昔だなぁ」の間にも、想像出来ないほど大きな時間の狭間があったりするのである。日本で言えば今年で戦後75年だが、日露戦争からは115年だし、大政奉還からでも152年しか経っていない。それ以前は江戸時代である。よく、「本能寺の変」は実はこんなだったらしい、「長篠の戦い」には鉄砲の三段撃ちは使われなかったらしい、などという話が出て来るが、それもそのはず、それら有名な歴史上の出来事は、「大昔」と「昔」の間に既に伝説と化し、創作の割って入る期間がいくらでもあったからである。つまり「昔からそう言われてるじゃないか!」と言われても、幕末の人が信じていた「長篠の戦い」の鉄砲三段撃ちは、幕末計算でも293年前の出来事である。絵も残ってるじゃないか、と言われるがあの屏風絵も合戦から100年以上あとになってから描かれたものだと言われている。つまりそれも伝説化のあとのものである。昔から皆が信じているからといって、教科書に載っているからといって、真実とは限らないのである。一筋縄では行かない。

そして「三国志演義」である。これはそれこそ日本では卑弥呼の時代である。卑弥呼の邪馬台国と交流があったと記録される魏志倭人伝の「魏」が、三国志の国の一つである事からも、古さは分かる。西暦で言うと200年代の話である。さらに舞台が中国なので、遙かなる時代を超えたあとに、又聞きの又聞きが発生している。どういう事かと言うと、三国志の時代の終わったあとに陳寿の書いた「三国志」、いわゆる「三国志正史」があり、「三国志演義」が書かれたのは羅貫中のいた時代を考えると1300年代である。1000年は飛んでいる。しかもその「三国志演義」自体、本当に羅貫中の作なのか、それまでいろいろな人が書き残したものを羅貫中がまとめただけなのか、定かでは無いという。その上で「三国志演義」は「三国志正史」から大幅な脚色が加えられており、この時点で作為的に娯楽小説化している。いわゆる有名な、劉備が正義で曹操が悪役、の造りになっている。しかし戦いや勢力図の大まかな流れは踏襲しているので、全てが創作という訳ではなく、言ってしまえばそこが始末の悪いところである。

そんな「三国志演義」を参考に「三国志」は日本に入って来てしまった。日本人は三国志が好きだ、とよく言われるが、定番の流れは吉川英治の小説「三国志」だろう。この時点でまたさらに吉川英治による脚色がされている。そしてそれを元にした漫画、有名な横山光輝「三国志」、これもまた吉川英治のものから漫画風に脚色して、まあ日本人が一番馴染みのある三国志といえばこれだろう。そうなって来るとゲームなどもそちらに準拠せざるを得ない。この分野のゲームのパイオニア、光栄のゲーム「三國志」は完全にこの「三国志演義」方面に乗っかった話の流れ、登場人物のパラメータ設定を採用している。さもありなん。そうしないと苦情が来るからである。張飛益徳(ちょうひ えきとく)、武将同士の一騎討ちなどほとんどなかった、諸葛亮孔明(しょかつりょう こうめい)は内政の人で軍事には明るくなかった、など、まあ苦情は来ますわな。

取り上げたものとしては少し壮大すぎる「三国志演義」だが、つまりそういう事である。昔の話など、なにが本当でなにが創作か分かったものでは無い。そして嘘でも、定着してしまえばそれが真実となり、皆に信じられ続ける。困った話であるが、1000年単位なら諦めも付く話も、100年単位で平気で行われている。真実を書く書籍はいくらでも発行されているのに、テレビでドーンと広まってしまえばあっという間に勝負は付いてしまう。出来る事と言えば、そういう広まり方があると知っておく事と、物事を鵜呑みにし過ぎない事だろうか。声の大きさが正しさに比例する訳では無いのである。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
4
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
5
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
6
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
9
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
12
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
13
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
14
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
15
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
16
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
17
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
18
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
19
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
20
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。