言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

ネットスラング

期待出来ないよ「手のひらクルー」評論家さん”手のひら返し”俺は信じてたよ

投稿日:2020年2月28日

「手のひらクルー」

出典元、日本語の表現。「手のひら返し」のおちゃらけた表現。

ネットスラングかもしれないが、意味としてはそのまんま、「手のひら返し」である。本日、日本のいたるところで発生している現象の様な気もする。シンプルな例を出すと「こいつはダメだろう、期待出来ない」と言われまくっていた人が大活躍した際に「やっぱりさすがだよ、信じてたよ!」と評価を180度変える事を言う。まあもちろん匿名ならともかく、名前を出して批判していた人ならばその真ん中に「あんな事言ってすいませんでした!」が入るだろう、マナーとして。結果が全ての世界だったりすると、どれだけ態度が大きかろうがビッグマウスだろうが、結果を残した人が正義である。

文字だとノリが伝わりにくいので、ここからは「♪」(音符)を付けてみる。

しかしもちろん、一度ひっくり返った手のひらが再度「クルー♪」する可能性も多分にあるため、初め批判していてその後「手のひらクルー♪」した人も、その状態で褒めまくっていたらまた全然結果が出なくなり、いつの間にかまた「クルー♪」して批判せざるを得なくなるなどよくある話なので、油断はならない。そして「手のひらクルー♪」を何度も使う様な人は、一般人なら別に好きにすればいいが、評論家や専門家ならばどんどん信用を失って行くだろう。当事者ではなく周囲から意見を言うだけの人は、自分がやっている訳でもないのになかなかのプレッシャーを受ける。そもそもが、”今調子悪いけどこの人ならやってくれる”とずっと信じているファンもたくさんいるのである。まあ、周りから言うだけ言うにしても、発言には責任を持てという事である。

ちなみにこの「手のひらクルー♪」は、勝負事の世界でよく使われる表現だが、それ以外でもたびたび使われている。基本的には「選ばれる」と「結果が出る」との間に期間が空くと、それまでのその人の実績を考えて、プロの人とプロ気取りの人が、なんやかんやと難癖を付け、しかし出来上がったものが素晴らしかったりすると「手のひらクルー♪」して褒めちぎる、のが定番の流れである。とても格式高いコンサートのメインに実績の少ない新人が選ばれ、選んだ側としては実力を信じ、期待を込めて選んだものの、周りから文句の出る場合は多いだろう。そこで新人は血のにじむ様な努力をしてそれに備え、誰もが絶賛するパフォーマンスを見せる。それを観た、最初文句を言っていた人は「手のひらクルー♪」である。コンサートではないが、最近あったところでは2020年東京オリンピックの、作り直されたロゴだろうか。一見シンプルで単純そうなもので、なんだこれ、誰でも描けそう、というものだった。しかしそれが次第に、綿密に計算されて設計されたものだと分かると評価がうなぎ登りになる。ここでもリアルに「手のひらクルー♪」が発生していただろう。見たあとにけなしたのに、真意を知って「手のひらクルー♪」は珍しいパターンだが。

やはりネットスラングなのだろう。意味が完全に「手のひら返し」と同じだし、「クルー♪」の面白要素だけが付加されている。そしてこれは自分で自分の事を「手のひらクルーしますw」と言うのでは無く、周りから「あいつ手のひらクルーしやがった」と言われる類いのものである。今日の様に日本中で数十万人規模の人が「手のひらクルー♪」してしまう状況もやはり、周りがその人たちに対し、ちゃちゃを入れる様な使い方なのだろう。

-ネットスラング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その話題には触れてやるなよ「やめてさしあげろ」”やめろ”の尊敬語の命令口調

2020/04/12

( ´・ω・)「審議中」滑ったギャグをなんとか笑いに引き戻す高等テクニック

2019/04/19

ばっちゃのせいにする「ってばっちゃが言ってた」元ネタはアニメ”舞-乙HiME”のアリカ

2019/05/13

自分にプレッシャーを掛ける「自分を追い詰めていくスタイル」類義語は”ハードルを上げる”

2019/09/11

これが高度な情報戦?「こうどなじょうほうせん」コミケ様式美”なのは完売”元ネタ

2019/12/28

注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見

2019/12/16

なぜそこに”ガッツ”が付くのか「サンキューガッツ」元プロ野球選手”小笠原道大”

2019/04/10

ネットスラング「草不可避」草に見える”w”つまり意味は”(笑)”個数による笑い度合い

2019/01/29

ただの宣伝「ダイレクトマーケティング」”ステルスマーケティング”の対義語

2019/09/24

プレッシャーへの強さ「鋼メンタル」芸能面での”度を超した”空気の凍るシーン

2020/04/28

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。