言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

歌詞

「二人の 秘密の 基地の中」

投稿日:2019年4月27日

「二人の 秘密の 基地の中」

出典元、ZONEの曲「secret base ~君がくれたもの~」より、歌詞の一部。作詞、町田紀彦。

「secret base ~君がくれたもの~」。歴史に残る名曲である。メロディーだけでしんみりとした気持ちにさせる力を持っている。そしてそこに乗る歌詞がまた、良い。曲と歌詞がここまでシンクロしている歌というのも、なかなかないものである。夏休みに聴きたい曲であると同時に、この曲の発表当時、小学生から中学生だった子どもたちには心に残るものとなっているだろう。感情を持って行かれる。

初めからタイアップがあり、ドラマ「キッズ・ウォー3 ~ざけんなよ~」の主題歌だった。ZONE最大のヒット曲で、紅白で歌った事もあり元々有名な曲なのだが、それとは関係なくアニメに二度採用されているため、アニメで流れた、声優がカバーしたなどの理由でアニメファンにも知名度の高い曲である。ドラマのタイアップソングであった事とは関係なく、全く別のタイミングで別のアニメに採用されたのである。それも二回。どれだけ好きな人の多い曲かが分かるというものである。一つは「今日の5の2」、そしてもう一つが「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」である。どちらもエンディング曲に採用された。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に関してはストーリーからしてこの曲に近いものになっており、もちろん曲から話を作ったのではないだろうが、このストーリーにあの名曲を使わない手はないだろう、というぐらいマッチした選曲だった。過去の名曲を、作品にとても合っているからと持って来て、出演女性声優に合唱で歌わせたのである。ありていに言って反則。そして作品の出来も良く、作品は大ヒットした。

ところで歌詞というものは比較的、聞き流されてしまうものである。この曲も、子どもの頃の夏休みの友達との思い出、そして別れを歌ったものだが、タイトルの「secret base ~君がくれたもの~」の意味を深く考える人もそんなには居ないだろう。……いや、考える人の多い方の歌詞だとは思うのだが、それだけ普通の歌では歌詞があまり気にされていないからである。「secret base」、「シークレットベース」とはなにか。秘密のベース、ホームベース? 秘密のホームベース、な訳ないか。ベースの意味は……、なにかで聞いた様な。「基地」か。「秘密の基地」。「秘密基地」。

「二人の 秘密の 基地の中」

そう、歌詞に元から入っている。「の」でカモフラージュされているが、「秘密基地」であり、「二人の秘密基地」だったのだ。と、この流れで再びタイトルを見て、さらに歌詞を見返す、そして曲を聴き直すと、より深く作品世界を理解する事が出来る。おそらくこの曲の正しい味わい方である。仕掛けという訳でもないだろうが、タイトルをそのまま「秘密基地」にせず「secret base」にしたのは、なかなかの英断だったのではないか、と思える次第である。歌詞、メロディー共に多くの人の心に残る名曲であり、それを歌ったのが当時中学生ぐらいのガールズバンド、ZONEだったのも大きな相乗効果をもたらした要素だっただろう。







-歌詞

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「歌詞」

「すいみんすいみんすいみんすいみんすいみん不足」

「すいみんすいみんすいみんすいみんすいみん不足」 出典元、ガールズバンドCHICKSの歌「すいみん不足」より。歌詞の一部。アニメ「キテレツ大百科」のオープニングテーマとして使われていた事で有名。 タイ …

カテゴリー「歌詞」

「思考回路はショート寸前」

「思考回路はショート寸前」 出典元、アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主題歌、「ムーンライト伝説」より、歌詞の一部。作詞は小田佳奈子。 なにやら誰か女性が男性アイドルについて興奮して書き込んでいたと …

カテゴリー「歌詞」

「これは これで ありかな なんて…」

「これは これで ありかな なんて…」 出典元、1998年8月発売の久川綾の曲より、曲の名前。作詞も久川綾である。 「ドラゴンボール超」のブルマの声優、鶴ひろみさんが亡くなり、後任が久川綾さんに決まっ …

カテゴリー「歌詞」

「空を 急降下 Jet Coaster」

「空を 急降下 Jet Coaster」 出典元、影山ヒロノブの曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(チャラ・ヘッチャラ)より、歌詞の一部。作詞、森雪之丞。 説明の必要もないぐらい有名な、アニメ …

カテゴリー「歌詞」

「そのあり余るバイタリティーで平成の世を駆ける君よ!」

「そのあり余るバイタリティーで平成の世を駆ける君よ!」 出典元、GLAYの曲「サバイバル」より、歌詞の一部。作詞、TAKURO。 「サバイバル」。日本の音楽業界における異質な存在の一つ、異質な歴史の一 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。