言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

表現

「少なくても」

投稿日:2019年6月2日

「少なくても」

出典元、比較的有名な誤用。国語力検定問題文。

これは「私の分は少なくてもいいよ」とかの使用例ではなく、「少なくても私はそう思わない」といった使い方の場合である。「少なくとも」を使うべきところ「少なくても」を使っている。ネットなどで検索するとかなりの数が引っかかる、実際に使われている表現である。

が、お分かりの通り、つまり誤用である。これは、最近では「少なくても」が使われる様になって定着して来た……だとかでは決してない。明確に間違いである。少なくともアナウンサーは使わない。

単純にやや幼稚な部類に入る言い間違いの一つ。

中学生ぐらいまでは使っている子もいるが、社会人で使っている人がいたら、周りから馬鹿っぽく思われるので、早めに直した方がいいだろう。ただしこういうものは結構、頭にすり込まれているため、間違えて覚えているとなかなか矯正が効かない。繰り返し指摘されているのに直らない人は、三回目ぐらいで見切りを付けられるので注意しよう。残念で分かりやすい、判断基準である。通じればいいじゃん、と言い返して来る人もいるが、別に通じていない。聞いた側が前後の文脈から判断して「あ、たぶんこう言いたいんだな……」と考えてくれるからなんとか意味が伝わっているだけである。

それを通じているとは言わない。

話し相手にそう考えさせる事も労力だし、指摘しようかどうか考えさせてしまう事も含め、他者に無駄にストレスを与える表現である。もはや呪言なのかもしれない。あとこれを使われると多少イラッとする。理由は不明だが、もしかしたら小学生とか中学生がよく間違えて使っているため幼稚さが目立つから、かもしれない。大人が小学生みたいな幼稚な事をしゃべっていたら、イラッとするのは普通である。

……という低レベルな言い間違いなため、ツイッターなどでバズった書き込みにこれがあったりすると、なかなかに残念な気持ちになる。そしてとりあえず誰かしらには指摘される要素である。たぶん指摘する人の100倍ぐらいの人は気付いていて黙っている。黙っているからと言って気にしていないのではなく、つまり残念に思われている。

書き手の頭脳が心配になるレベルの誤用である。貫き通す選択肢は普通ないのだが、たまに言い訳を繰り返し、使い続ける人もいるため、なんだか面倒臭い事になる。少なくともこれを指摘して来た人に、

うわっ……

と思われている事を、じっくりしっかりがっちり理解した方がいい。

-表現

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「表現」

「形から入る」

「形から入る」 出典元、日本語の表現。これを始めよう、と決めたのに踏ん切りが付かない時に有効な方法。 趣味のない人というものがいるが、男性で仕事人間だったりすると休みの日に暇を持て余す事になる。もちろ …

カテゴリー「表現」

「同姓同名」

「同姓同名」 出典元、普段から使われる日本語の表現。広辞苑、ではなくウィキペディアには、「姓名(氏名)が同じ読みでかつ同じ表記であること」とある。 「同性同名」ではない。 要するに山田太郎という男の子 …

カテゴリー「表現」

「光堕ち」

「光堕ち」 出典元、広義には漫画やアニメなどで悪役が味方になる事。狭義にはプリキュア用語なのかもしれない。 なんだこの用語は。 光は堕ちるところでは無い。堕ちるなら闇である。「闇堕ち」という言葉はかな …

カテゴリー「表現」

「漫画漫画」

「漫画漫画」 出典元、不明。意味、漫画を題材とした漫画、いや、漫画家を題材とした漫画の事。 「多過ぎる」。要約するとそうなってしまうのだが、言いたい事がそれなので一応問題は無い。 小説などもそうだが創 …

カテゴリー「表現」

「ディスる」

「ディスる」 出典元、ネットや日常で近年使われ出した表現。ネットスラングな気もするが日常生活でも使われ、通じたりしている。 意味としては「侮辱する」、「見下す」など、良い意味では無い。そもそも尊敬とい …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。