言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

機能

“Adobe Acrobat Reader”「詳しくはこちら(pdf)」ややこしいPDFリーダーの設定

投稿日:2020年4月30日

「詳しくはこちら(pdf)」

出典元、ウェブページのリンクにたまに使われている一文。よく遭遇するのは家電の説明書ページなど。

イージートラップ。いや、安全装置付きトラップか。

この様なリンクをパソコンで気軽にクリックするとどうなるかと言うと、いわゆる「PDFリーダー」が立ち上がる。メジャーどころでは「Adobe Acrobat Reader」(アドビ・アクロバット・リーダー)だろう。いやまあ、完全に公式なのかな。ソフトウェア業界は公式なものがしれっと名称変更したりするので、基本的にややこしい。一般に浸透している名前としては前述の「Adobe Acrobat Reader」なのだが、実際今使われているメジャーなものは「Acrobat Reader DC」だし、ソフトウェア全体の名前としては「Adobe Acrobat」だが、かつては「Adobe Reader」を名乗ったりしている。ほらややこしい。

これだけでもややこしいのにこのあとはさらにややこしい。

pdfへのリンクをクリックすると「PDFリーダー」が立ち上がると書いたが、それはあらかじめそのパソコンに「PDFリーダー」がインストールされていればの話である。入っていなければ「開けません!」となるのでは”なく”、「PDFリーダーをインストールします」と勝手に話が遷移してしまう。ほとんどの場合は「Acrobat Reader」のインストールに話が進むだろう。単にインターネットサーフィンをしていた人にとって、突然突き付けられるパソコン管理業務。「Acrobat Reader」にだって有料バージョンも無料バージョンもある。そしてそもそも「PDFリーダー」にだって「Acrobat Reader」以外のソフトが存在するのである。戻るべきか? 入れるべきか? 入れるならどれか? その突然の判断が突き付けられる、……つまりトラップなリンクなのである。もちろんそこに添えられた「(pdf)」がせめてもの良心であり、そこに気付けた人はその罠を回避出来る。

ちなみに既に「Acrobat Reader」がインストールされていた場合でも油断はならない。まず久しぶりにそれを起動した事による、バージョンアップ処理をさせられる可能性である。自分のパソコンか他人のパソコンか、共用パソコンかによっても話が変わって来るが、単にバージョンアップというだけでもクリックすればいいという訳にはいかない。まず今開いている「Acrobat Reader」を閉じ、指定のサイトから最新のバージョンをダウンロードして、実行しなければいけない。権限によってはいちいち止まるし、不可能な場合もある。指定サイトによっては英文のインストーラーだったりして、とにかくストレスを掛けてくるスタイルである。ここまで普及したソフトでそこまでお手数をお掛けしてくれるのは相当なものだが、しかし単体ソフトとして限界はあるのだろう。買って来たばかりのパソコンはどうしてもこれが発生するので、それを解決するのはたぶんマイクロソフトかアップルにしか出来ない。

最近ではブラウザがそのまま開いてくれる場合もあるが、それも裏に「Acrobat Reader」が入っていないと駄目だったり、それはそれで結局バージョンアップがどうとか言ってきたりと、すんなりは行かない。そしてこれらの話はパソコンで、そんなに何台も使う環境にないし、という人もいるかと思うが、pdf問題はスマホでもあるのである。スマホの「Acrobat Reader」は重いよ、このフリーソフト使うよいいよ、みたいに言われたらまたさらに話はややこしくなり、結局なんと言うか、手に負えない話である。いや結局と言うならばつまり、安全装置はしっかり付けてくれと、もうちょっと目立つ大きさで付けてくれと、

「詳しくはこちら(pdfなので覚悟を持ってクリックしてください)」

ぐらい書いてくれてもいいと、思うものである。

-機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20
20
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。