言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ウィキペディア

「オリコン歴代アルバムランキング1位」

投稿日:2018年6月27日

「オリコン歴代アルバムランキング1位」
 
出典元、ウィキペディアのページ「First Love (宇多田ヒカルのアルバム)」より。ここにしかない文言。
 
しれっと書かれているが普通に凄い事である。いや、太文字になっているので本当にしれっと書かれている訳ではないが、それを言うなら
 
1999年度年間1位(オリコン)
 
が、太文字にもされずにしれっと書かれている。こっちが小事か。まあ現在において、オリコンチャートというものの存在がかなりどうでもいいものとなってしまったとはいえ、歴代チャートのトップクラスまでは侵食されていないため、シングルトップの「およげ!たいやきくん」と共に、宇多田ヒカルのアルバム「First Love」は、日本の歴史に残るいわゆる「レジェンド」と呼ばれる存在だろう。ちなみに総売上枚数767.2万枚で、ぶっちぎりの1位である。「8ミリオン」との表記もあり、出荷ベースで言えば870万枚以上行っているらしい。3000円掛ける事の800万枚イコール、……240億円? いやちょっとゼロが多過ぎてよく分からない。
 
繰り返しになるが「もうオリコンチャートもなぁ……」と思う人も多いかと思うが、歴代ランキングを振り返るとやはり最近のアイドルだらけという事もないので見応えがある。アルバムで言えば20位までは300万枚を超えていて、最近のアイドルは入っていない。敢えて言うなら、これが当時”純粋に楽曲に惹かれて買われた枚数”だろう。最近のアレの爆発力もあるが、200万枚ぐらいが上限の様なので、年間を席巻するのはいいが、世間のCD離れもあり、歴代に食い込むのは難しいだろう。過去の売上恐るべし。90年代恐るべし。
 
そして宇多田ヒカル恐るべし。「オリコンアルバムの売上枚数ベスト20」、1位が宇多田ヒカルの「First Love」な訳だが、4位も宇多田の「Distance」、8位も宇多田の「DEEP RIVER」である。ここの数字を足すと、……えーと1574.9万枚。これだけでもとんでもないが、もちろんこれ以外にもアルバムを出しているし、シングルもとんでもない事になっているので、どちらにしろとんでもない話である。しかもこの人、自分の曲は作詞はともかく作曲までしているので、完全に家内制手工業である。最近は編曲までしているらしく、他人の入る余地がない。ああ羨ましい。
 
ちなみに宇多田ヒカルは、もう散々売ったあとは活動休止と活動再開を繰り返しているのだが、近年において宇多田ヒカルが動き出すと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」界隈がざわつくという、面白い現象がある。
 
……。
 
……。
 
宇多田ヒカル、7枚目のアルバム「初恋」、本日発売。……初、恋、だと!?







-ウィキペディア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ウィキペディア」

「多くの人が意図的に無視していると思われることだが、地球は太陽の周りを凄まじい速さで公転している。ということは仮に一時間前に過去に戻ってもその空間は宇宙空間であるが、これを言うと、話が即終わるためか、ほとんどの人がこのことについて言及しない」

「多くの人が意図的に無視していると思われることだが、地球は太陽の周りを凄まじい速さで公転している。ということは仮に一時間前に過去に戻ってもその空間は宇宙空間であるが、これを言うと、話が即終わるためか、 …

カテゴリー「ウィキペディア」

「たぶん後で寄付する」

「たぶん後で寄付する」 出典元、ウィキペディアの寄付募集ポップアップの文言より。時々強制ポップアップ。 寄付強制、ではない。寄付募集の画面を大きく強制的に画面にポップアップした、その時の文言である。も …

カテゴリー「ウィキペディア」

「信頼できない語り手」

「信頼できない語り手」 出典元、ウィキペディアの項目。及びその内容。 小説用語であるが、とりあえずこの用語自体が少し面白い。小説には地の文なり神の目線なりで語り手がいるのだが、その語り手が信頼できない …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。