言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

超対話

1989年に第1巻発売「フォーチュンクエストの結末知ってる人いなさそう」「そら終わってないからな」完結してない

投稿日:2019年12月9日

A「フォーチュンクエストの結末知ってる人いなさそう」
B「そら終わってないからな」

出典元、2chスレ「お前ら「今のラノベは糞!昔のラノベは良かった!」ワイ「ほーん なら読んでみるか」」より。どこかの二人のやりとり。

1レス目はスレ主の、

ワイ「昔のラノベしゅごいのおおおおおおおおお!!」ビクンビクン

から始まっている。まあ、「昔は良かった」とはよく聞くフレーズだが、ライトノベルについて、実際に今より昔の方が凄かったかの真相は不明である。しかし、現在のライトノベル業界の分母がとんでもなく膨らんでいる事を考えると、少数精鋭という意味では昔の方がヒット率は高かっただろう。また、そのジャンルの黎明期とは、輝く才能が飛び出して来たからこそ興り、流行っていったものだと考えると、「昔のラノベしゅごいのおおおおおおおおお!!」にも一理あると言わざるを得ない。

「ライトノベル」には元々あまりいい意味は無く、普通にそのまんま「軽く読める本」という意味合いで付けられた名称である。書く側もそのつもりで書いていて、若年層にも読みやすく、絵もふんだんに挿入されている。ただし一般文芸とライトノベルの線引きという話になると一気に話がややこしくなり、掲示板だと荒れるし、作家に言うと怒られる。ある特定の時期は、レーベルだったり、「表紙がアニメ的な絵ならライトノベル」という分かりやすい線引きがあったのだが、それも今では一般文芸でもそれを行っているところが増えたせいで、判断には使えない。表紙に美人の絵を載せておくと売れる様になったのが原因と思われるが、確証は無い。なお、そういう作品だとだいたい表紙しか絵がない。なかなかいい商売である。

さて「フォーチュン・クエスト」だが、1989年に第1巻の出たライトノベルである。30年前なのでこの話の流れでは「昔のラノベ」の範疇に入る。このスレでのやり取りはこうだった。

A「フォーチュンクエストの結末知ってる人いなさそう」
B「そら終わってないからな」

あ、終わってなかったんだ。と思って調べてみると、ごく普通に、大きな間も開けず淡々と続刊が発売されていて、完結していない。そりゃ結末知ってる人はいないや。

「フォーチュン・クエスト」は、テーブルトークRPG要素の強いラノベ? という要約しにくい造りをした作品である。ファンタジー世界にちょっとハイテクなロールプレイングゲーム要素を上乗せし、モンスターを倒すと自動的に経験値が加算されレベルアップして、クエストを紹介してくれる人がいておつかいクエストを売ってくれるという、真似したくなる世界設定である。主人公のパーティは弱小なのだが、どうやら運に全振りしているらしく、たまたまホワイトドラゴンの幼生がパーティに加わったり、強ーい冒険者がピンポイントで助けてくれたりと、波乱もあるが非常にバランスの取れたストーリーである。しかし一番の魅力は、小説として、女性作家の書く女の子主人公の一人称スタイルという点で、頑張ったり落ち込んだり嫉妬したりする主人公パステルの心情を、リアルに描いているところだろう。これはなかなか、真似の出来るものではない。

深夜だが一度アニメ化もされているし、アニラジ全盛期には作者と主人公の声優とで「フォーチュン・クッキー」というラジオもやっていた。とにかく”昔のラノベ”と言われれば名の上がる作品である。が、過去形でないのは”過去の作品”ではなく、”過去から続く作品”だからである。ドラムロールお願いします。ドラドラドラドラ……

「新フォーチュン・クエストII(10) ここはまだ旅の途中<上>」、2019年12月10日、本日発売。

スニーカー文庫で8巻出したあと電撃文庫に移籍し「新」にリニューアルしたあと、20巻も出してしまったのでまたリニューアルしての「II」、の、10巻である。そしてついに最終エピソードらしいが上巻なのでこれが最終巻ではない。おおふ。ちなみに前巻の9巻が出たのは2年前である。……。

B「そら終わってないからな」

-超対話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SMAP解散前「やたら香取と木村隣にさせるな」「隣接させて仲良くさせようって言う、聖戦の系譜方式なんだろ」ビストロスマップ

2019/10/09

任天堂スイッチ「どうせ評判良かったら買うんでしょ?w」「いや評判悪かろうが良かろうが関係ない 予約して買う」

2019/03/07

艦これ「史実でお米が採れる海域ってどこ?」「うん、その字面にまず疑問を持とうか」おにぎり

2020/01/18

サプリメント「表記とかかなり適当なんだって」「医者も適当なこというから気をつけたほうがいいぞ」

2019/10/26

キャプテン翼「翼ってMFだったのか」「FWだったら今頃日本はワールドカップ毎回優勝候補」”決定力不足”サッカー少年への絶大な影響

2020/03/17

「こんなバカにレスしてる奴もバカだな」「そう自分を卑下するなよ」煽り返し

2019/04/07

「人情としては80×1.2=100になってほしいよね」「こういうことに人情とか無いだろwww」

2019/03/18

「ほんとうにいきなりステーキなの?」「名前はそうやが、中身は満を持してステーキや」

2020/07/25

ネットスラング”おまおれ”「お前は俺か」「すまん、俺だった」あ。ハズカシー

2019/05/30

松屋の”ビビン丼”「スプーンで半熟玉子割ってる時の幸福感よ」「食べてる時じゃないのか」「実際食べると塩っぱすぎて割ってる時の幸福感には劣る」

2019/05/15

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20
20
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。