言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

サウンド

「サラサラ……」

投稿日:2018年4月26日


「サラサラ……」

出典元、不明。お茶漬けを食べる時の擬音、によく用いられると思われる表現。

いや、お茶漬けを食べる時の擬音は「ズズ……」だろう。……と思うのだが、リアルな話はどうでもよくてイメージとして「サラサラ……」がお茶漬けを食べる時の擬音に定着している。そもそもお茶漬け自体を「さらさら」と言ったりもする様で、「お茶漬けサラサラ」という商品も出ていたらしい。確かにイメージはその通りである。しかし漫画などでそういう表現をされると「気持ちは分かる」けど「イメージ先行か」とも思う。実写作品ならどう頑張っても無理な音だろう。

しかし小説などでも使われる表現なのである。漫画には「漫画的表現」というものがあり、擬音は元より食事シーンはツバが飛んだりよだれが垂れたり汗をかいたりなどが代表的である。しかし小説は絵がないので、現実に則していればいいのではないか。お茶漬けを食べる時の表現は「サラサラ」、という決まりでもあるのだろうか。いや気持ちは分かるのだが……、納得がしにくい。

似た様な擬音だと「ガツガツ」があるかもしれない。これは漫画でも小説でも同様に見られる。そもそも「ガツガツ食べる」という表現が存在しているし、イメージ通りである。しかし実際に「ガツガツ」という音がしているかというと、際どいところだと言わざるを得ないだろう。いやもちろん、気持ちは分かる。豪快に食べているところの感じも出るし、お腹が減っていたという表現も行間を読めば伝わって来る。使い過ぎれば安直な表現となるが、たまに入れて来る分にはいいだろう。

そしてこの話の流れで続けていいか微妙なところだが、漫画やアニメなどになると大食いキャラが登場する。現実の大食いでは無く、常軌を逸したギャグ的な大食いキャラである。悟空とかルフィとかそういうキャラにも多いが、ジャンルを見渡すと女の子キャラにもよく付与される属性である。テンプレートとして女の子は小食か超大食いか、料理はバッチリ出来るか壊滅的に出来ないか、のパターン分けしかないのだろうか、と思うぐらいよく見かける属性である。そこで大食いキャラのギャグ要素として使われる擬音が「ポン!」である。食べ物が一瞬でなくなる。とんでもない量でも関係なく、一瞬でなくなるのである。つまり超スピードで食べた事の漫画的、アニメ的表現なのだが、周りが驚き、本人は「え、どうしたの?」とまだまだ足りない感じを出しているところまでがテンプレートだろう。

まあ話がなんとなく逸れて行ってしまったが、こういう大食いキャラに大量のお茶漬けを食べさせた時に、どんな擬音を出させるのが正解かは気になるところである。意外とリアルに「ズズーー!!」だったりするかもしれないが、やっぱりどうでもいい。

-サウンド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「サウンド」

「ポムッ、ポコッ?」

「ポムッ、ポコッ?」 出典元、ゲーム「スーパーマリオ」シリーズで、マリオがノコノコなどを踏み、蹴飛ばした時の音。 ノコノコを一度踏み付け、頭と手足を引っ込めさせたらその後しばらくそれはマリオの武器とな …

カテゴリー「サウンド」

「環境音」

「環境音」 出典元、主に仕事中に事務所などに流す「音」。歌詞のある音楽ではなく、自然の音や街の雑踏が使われる事が多い。 仕事内容にも依るが、好きな音楽を聴きながらノリノリで仕事をする人もいれば、無音を …

カテゴリー「サウンド」

「プー……ピポパポピポパポ……ピピービォーー……ポービーブーー……ザーーーーーー」

「プー……ピポパポピポパポ……ピピービォーー……ポービーブーー……ザーーーーーー」 出典元、ダイヤルアップ接続音。 インターネット黎明期、インターネットは電話回線にモデムを繋いで接続していた。接続時、 …

カテゴリー「サウンド」

「カン、カン、カン、カン」

「カン、カン、カン、カン」 出典元、電車の踏切の警告音。結構深刻度の高い警告なのだが、人によって受け取り方に幅のある警告音である。 「車は急に止まれない」は有名だが、電車はもっと急に止まれない。さらに …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。