言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

プロジェクト・作戦

「日本タイトルだけ大賞」

投稿日:2019年5月18日

「日本タイトルだけ大賞」

出典元、新刊JPの主催するコンテストの名称。発想が斜め上。

「日本タイトルだけ大賞」。書籍関連のコンテストである。……ん? とハテナマークを浮かべるのはリアクションとして正しい。少し不思議な事を言っているからである。なんだこのコンテストは。え、タイトルだけ? 公式サイトのキャッチにはこうある。

タイトルが秀逸な本を勝手に表彰!

なるほど。……え~っと? 公式サイトよりウィキペディアの説明文が、主旨の分かりやすいものだったのでこちらも引用してみる。

受賞の判断基準は「国内での出版書籍のタイトルのみのコピー、美しさ、面白さ」であり、内容の優劣は一切問わない。

という、ワケノワカラナイ、……コンテストである。いや、分からない事は、ないのだが。

思い切った事をするなぁ、と感じてしまう、思い付いたとしても大規模にやるのはなかなか勇気のいる企画である。しかしそう言われると、どんな作品がエントリーされたんだろう、ちょっと見てみたい、と人を惹き付ける力はなかなかある。かなりある。発想の勝利でもある。色々な出版社から出ている本を勝手に表彰してもいいのか、という疑問もあるが、元々本のコンテストなんていうものはそんなものなので問題ないらしい。まあ、褒められて怒る人がいないから、という部分もあるかもしれないので、その理由だとこのコンテストはギリギリなところを行っている気もしないでもない。

「日本タイトルだけ大賞」は年ごとに開催されていて、その一年で実際に出版された書籍のうちから、最も面白い本のタイトルを表彰するものである。中身を読まなくてもいいので審査に時間が掛からないのが大いなるメリットか。でもこういうのは、出版社がやるよりユーザーを巻き込んで探させた方が面白そう……と思ったらとっくにツイッターで募集を行っていた。確かにこれなら「面白いタイトルの本を探して来てやるぞー」という一般人の力が有効に生きるだろうし、実際に出版された本なのかはアマゾンで調べればいいので運営側も楽である。企画したところが勝手に選出して勝手に表彰するよりずっと、ユーザーの食い付きやすいコンテストだとも言える。もし架空の本のタイトルでこれをやってしまうとただの大喜利になるので、実在の本縛りでやる事に意義があるのかもしれないし、気になり過ぎたら実際に買えばいいので、そういった面では実益を兼ねている。ギャグと実益を兼ねている。

気になる人は公式サイトで公開されている結果発表を見ればいいが、受賞していなくてもエントリーされた作品群にも面白いのがたくさんあるのでそちらも見る価値はある。ただし、ここで興味を惹かれて、つまらない本を手に取ってしまう可能性もそこそこ多分にあるので注意が必要である。なにしろ中身の良さに担保のないコンテストなのだから……。

-プロジェクト・作戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「プロジェクト・作戦」

「トモダチ作戦」

「トモダチ作戦」 出典元、2011年3月11日に発生した東日本大震災に対し、アメリカ軍が実行してくれた緊急救援活動の名称。元が英語なのでカタカナか漢字かは不明なはずだが、通例でカタカナ表記となっている …

カテゴリー「プロジェクト・作戦」

「ファイナルファンタジー山手線」

「ファイナルファンタジー山手線」 出典元、JR東日本とスクウェア・エニックスのタイアップ特別企画の名称。読みは「ふぁいなるふぁんたじーやまのてせん」。 ニュースを見た時、おっと、4月1日だったか、と思 …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。