言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

映画

“シン・エヴァ”冒頭「パリ カチコミ艦隊は健在 旧市街上空 ゼロポイントを降下中」

投稿日:2020年10月4日

「パリ カチコミ艦隊は健在 旧市街上空 ゼロポイントを降下中」

出典元、『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』より。青葉シゲルのセリフ。

これは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの4作目、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の先行公開カットである。2019年7月6日にフランスで開催されたジャパンエキスポの高橋洋子ステージで公開された。本編の公開がまだかなり先で、全世界待望の最新作の映像が10分も流れるとあって、当時その界隈は大変な騒ぎとなったのである。パリだけで公開されるのではなく、日本でも数か所の屋外スクリーンに公開するという事で、エヴァファンは総員「ガタッ」状態だったが、どこで公開するかは当日の数時間前まで発表しないという嫌がらせ仕様だったために、ちょっとしたオリエンテーションイベントとなった。結局動画は、パリも含めて現地で観た人がYouTubeなどにアップしたので行かなくても良かったが……。

この「AVANT」というのはフランス語で「アバン」と読み、アバンタイトルという映画用語の略称らしい。アバンタイトルとは「映像作品のオープニングに入る前に流れるプロローグシーンのこと」なので、この作品にオープニングテーマは無いと思うが、だからつまり”冒頭”でいいのだろう。タイトルに「:||」が付いていないのが少し気になるが、冒頭に付けてしまうと「一度だけ繰り返す」的な意味のあるこの音楽記号の効果がややこしくなってしまうから付けなかったのかもしれない。

「パリ カチコミ艦隊は健在 旧市街上空 ゼロポイントを降下中」

そして公開されたその映像はやはり濃いものだった。まずエッフェル塔が視界に入り、その先で”立てて収納された戦艦”が空中に浮いているというぶっ飛んだ絵は、とにかくインパクト抜群だった。パリっ子はエッフェル塔にざわついていたが、なにはともあれ7年待った正式な続編映像という事自体がファンには感慨深かっただろう。

そしてお馴染みの青葉シゲルからオペレーターとしての報告が入る。いつもの声の安心感、続いてあちこちから報告されるこの整然としたオペレーターたちの声がやはりエヴァらしさであり、エヴァの魅力と言えるだろう。指揮官が無茶を言い、オペレーターが「ダメです!」と叫ぶ、しかしそれしか手がなく、強引にでもやり切ってしまうあの感じ、あの感じがエヴァには必要なのである。話の展開上、待ち構えた第三新東京市でエヴァと使徒が戦う展開は無くなってしまったが、替わりにヴンダーという”司令部を持つシステム”は用意された。”あの感じ”はここで引き続き楽しませてくれる、つまりはそういう事なのだろう。

ただ、もちろんここまで映像が出ていたとしてもどこでひっくり返るか分からないのがエヴァである。そもそも「シン・エヴァ」の冒頭がこんな感じになると思っていた人はいなかっただろうし、「破」の続きを想定していた人や、もうちょっと現実的に「until You come to me.」の部分だと思っていた人が多かっただろう。どこかのサイトから感想を引用すると、

また世界の状況や時間も『Q』のラストからさほど変化していないようで、かなりストレートな『Q』の続編だったのは逆に意外かもしれない。

そう、そんな感じ。

また、このAVANTが全世界に中継された事、今の時代ネットにアップされるのを分かった上で公開し、アップされた物を消したりせずそのまま載せられたままにしているのは、計算された作戦だった事が予想出来る。通常ならば劇場公開されてからしばらく待ち、DVDとブルーレイ化されてからじっくり確かめるべき内容が、動画サイトに上がってくれたおかげでじっくり繰り返し観られるのである。これはエヴァファンにとって大きい要素で、作中の細かい文字を解読して隠された意味を探ったりする、通常ならば本公開のずっと先にならなければ出来ない楽しみを、一部分とはいえ体験出来ているのである。映画の予告として冒頭を公開するというのはなかなかの奇策だったが、いい感じの宣伝効果は発揮出来たのではないだろうか。

ちなみに冒頭が青葉シゲルの声と言ったが、実際はその前から裏でマリが歌っているので、マリの声の方が先である。歌は「真実一路のマーチ」、1969年の曲である。AVANTが本当に「シン・エヴァ」の冒頭なら、「シン・エヴァ」のオープニングテーマは「真実一路のマーチ」という事になってしまう。しかしよく考えると「Q」だって「ひとりじゃないの」という1972年の曲がオープニングにかかっていたし、「破」は「三百六十五歩のマーチ」、これも1968年の曲である。そして歌うはマリ・イラストリアスcv坂本真綾な訳で、小道具にしては豪華過ぎると言わざるを得ない。そうそうたるオープニングテーマ群である。

-映画

執筆者:

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。