言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

書籍

「赤」「緑」というとりわけインパクトの強い色を、きつねうどん、たぬきそばという、まったく無関係なものに無理やり結びつけ、さらに長年にわたって言い張ったあたりが勝因だろう

投稿日:2020年9月9日

「赤」「緑」というとりわけインパクトの強い色を、きつねうどん、たぬきそばという、まったく無関係なものに無理やり結びつけ、さらに長年にわたって言い張ったあたりが勝因だろう

出典元、齋藤孝の本「売れる!ネーミング発想塾」より。しゃれの効いた、無粋なつっこみ。

「売れる!ネーミング発想塾」は、特定の職業における企業秘密的なテクニックをべらべらしゃべるという、よくある実用書である。読む分には興味深いが、おそらく同業者から「そんな本出すなよ!」と思われているだろう。特にこの本の場合は、コピーライターというそもそも人口の少ない職業の大事なテクニックをしゃべってしまっているので、なかなかに致命度が高い。しかし作者の齋藤孝は、文章とか言葉とかに関するそんな本ばっかり書いている人である。代表作は「声に出して読みたい日本語」で、ちょっとした日本語ブームを巻き起こした事もある。

で、本題は「うどん」と「そば」の話である。いや、「きつね」と「たぬき」の話か。「赤いきつねと緑のたぬき」は、もはや耳にタコが出来るほど聞いているので武田鉄矢の声で再生されそうだが、マルちゃんの販売しているカップ麺のロングセラー商品である。カップ麺の「うどん」と「そば」と言えば、日本人なら真っ先に思い浮かべる商品と言えるだろう。しかしなぜ「きつね」と「たぬき」に赤と緑が冠されているのか。……となるが、その前に「きつね」と「たぬき」からして語源の解説が必要そうである。

「きつね」とは油揚げの事で、「たぬき」とは天かすの事である。「きつね」が油揚げなのは分かるが天かすは納得しにくい。「きつね」については、一般的には油揚げが”動物のキツネ”の好物だからだとか、色合いがキツネに似ているからだと言われている。うん。これはなんとなくわかる。わかりみが深い。問題は「たぬき」の方だが、これは天ぷらの「たね抜き」がなまって「たぬき」になったそうで、確かに天かすは具というか”たね”がないので、言われてみれば納得のいく説明である。こちらは動物のタヌキとは関係なかったが。

それでなぜ赤と緑なのか。「きつねうどん」は別に赤くないし、「たぬきそば」も別に緑色をしていないのに、である。今のところ全くその色の要素がないので、ウィキペディアを参照してみる。赤は、発売当時流行っていた山口百恵の曲「プレイバックPart2」の歌詞「真っ赤なポルシェ」から、社長が発想を得てそれに決めたそうである。情報量が多いな……。そして緑は赤の対照の色として付けられた、と。雑か。逆に情報量が少ない。しかしという事は、特に「うどん」だから赤とか、「たぬき」だから緑とかいう理由は無かったのである。特に無いというか、皆無。しかし今現在、「赤いきつねと緑のたぬき」が日本人の頭に自然に印象付いているのは、ああ、つまりこういう事か。齋藤孝曰く、

「赤」「緑」というとりわけインパクトの強い色を、きつねうどん、たぬきそばという、まったく無関係なものに無理やり結びつけ、さらに長年にわたって言い張ったあたりが勝因だろう

長 年 に わ た っ て 言 い 張 っ た

確かに。

「赤いきつねと緑のたぬき」は、1978年の発売から一貫して武田鉄矢を起用したCMを流し続けており、42年もの”言い張り”は確かに勝因と言えるだろう。言ったもの勝ち、言い張ったもの勝ち、浸透させたもの勝ちである。ちなみに武田鉄矢が起用された理由の一つに、ちょうど映画「幸福の黄色いハンカチ」の主演に抜擢された事があるらしく、ここに突然赤と緑の中間色、黄色の情報が入って来るが、……それはただの、偶然である。

-書籍

執筆者:

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
9
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
10
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
11
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
12
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
16
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
17
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
18
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
19
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17
20
 歌詞
往年のコミックソング「ぼくの名前は目蒲線 あってもなくてもどうでもいい目蒲線」目蒲線物語
2020/01/05

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。