言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ニコニコ大百科

「神とかっていうレベルじゃねーぞwww 神の上か!??」

投稿日:2018年3月1日


「神とかっていうレベルじゃねーぞwww 神の上か!??」

出典元、ニコニコ大百科「※鳥肌注意※」より。厳密には動画コメントだが、内容がコメント群なのでニコニコ大百科から引用させていただく。

ニコニコ動画に投稿された、「【スマブラX】大乱闘スマッシュブラザーズX BGM集 Part1」という動画に書き込まれたコメントである。動画の形式としてはよくある、特定のゲームのBGMメドレーで、作品は名前の通り「大乱闘スマッシュブラザーズX」である。Wiiの作品。しかしこのゲーム、まあ「スマブラ」シリーズ通して言える事だが、オールスター作品なので参戦キャラクターそれぞれのテーマ曲がいくつもある。それをふんだんに、ふんだんに、徹底的に、アレンジ曲まで加えて投入された作品なので曲数が大変な事になっている。つまり動画としては各ゲームの主題歌級の音楽が超豪華にメロディーになっているので聴き応えがとんでもない事になっているのである。この動画は「Part1」であるが、続きで「Part4」まである上に「番外編」まである。それだけでどれだけのボリュームがあるか分かるというものであろう。

で、次から次へと襲い掛かる名曲の数々に、みんなもうハイテンションになってしまった、という話である。

なんと言っても最初からクライマックスどころか全曲クライマックスである。それぞれの作品に思い入れがある度合いは人それぞれだろうが、この仕組みだと打率がハイアベレージを常に維持する。そして一部の熱い書き込みから火が点いた。仕方ない事なのである。

「※全てのスマブラ族に告げる・・・」

伝説が始まってしまった。言っても任天堂曲メインなのだが、その任天堂ゲームの知名度打率がイチローだらけみたいなものなのだからどうしようもない。そしてまた、他社からのゲストキャラクターなんてのもいてテーマ曲を担いで参戦している。

「今から泣きます・・・」

気持ちは分かる。なにせマリオだのゼルダだのが一曲とかではなく数曲担いで持って来るのである。しかもまた往年の名曲を、ゲーム界の名作曲家にアレンジしてもらったりする豪華仕様だ。マリオのセルフアレンジまである。みんなおかしくなっても仕方ないのである。

「※マザーファンの方、感動に、ご注意を。」

そしてニコニコ動画視聴者の悪い癖、もしくは良い癖で、印象的なコメントをどんどん真似していく。と、つまり弾幕化してしまう訳で、元は誰かのひと言だったとは思うが。「ざわ・・」の一種である。最終的にこの動画で生まれた以下のコメントは他でも使われて怒られるぐらいその当時、流行ってしまった。

「※鳥肌注意※」

「今から泣きます・・・」

「来るか!!??」

「※全てのスマブラ族に告げる・・・」

これは「スマブラ族」の部分をそれぞれの動画に変換している。そして集大成はこれだろう。今回のセリフである。

「神とかっていうレベルじゃねーぞwww 神の上か!??」

もうなんとも言い様がない。つまりそういう気持ちなんだろうな、としか。これらのコメントは一部特定の人物のコメントらしく、厨二的な部分もありつつも仕方ないとも思わせる勢いを見せている。熱くなってしまうのも仕方ない。しかし最終的にはネタにされ、あちこちで真似した人が使って迷惑がられ、怒られ、悪いと思ってやめていく、そんな流れであった。しかし現在も発生した該当動画には残っている。これをなんと言おう、「伝説」でいいのではないか。

#もう許してやれよ

-ニコニコ大百科

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ニコニコ大百科」

「明日から本気出す」

「明日から本気出す」 出典元、世の中のあらゆる場所、及びいろいろな人の心の中の声。今回はまとまった面白い記事を「ニコニコ大百科」から引用させていただく。 「明日から本気出す」とは弱者の言い訳。 概要か …

カテゴリー「ニコニコ大百科」

「発売前より知名度こそ高かったが、OPムービーにでも使われるんだろうな、という大方の予想を裏切り、まさかの通常戦闘曲であった事で、ユーザーの度肝を抜いた。知らない人に話したら驚くだろう。」

「発売前より知名度こそ高かったが、OPムービーにでも使われるんだろうな、という大方の予想を裏切り、まさかの通常戦闘曲であった事で、ユーザーの度肝を抜いた。知らない人に話したら驚くだろう。」 出典元、ニ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。