言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

不詳

「一個目を読んでもらって二個目を読んでもらえるか、という話ではなく、まず一個目自体、読んでもらえるか、という話です」

投稿日:2017年4月18日

「一個目を読んでもらって二個目を読んでもらえるか、という話ではなく、まず一個目自体、読んでもらえるか、という話です」。

出典元、不詳。

連載物に対して何にでも言えることかもしれないが、こういうことなのだろう。アニメ界隈では「1話切り」という言葉があるが、1話がつまらなければ2話目以降は観ない。時間は有限だし、娯楽の選択肢は様々である。ドラマなどにも言えるかもしれないが、制作者側にとって、シリーズ全体を通しての山を考えて作らなければならないが、1話目がどうしてもつまらなければ、その先はない。つまり1話目がまず最も重要なのである。

「読んでもらえるか」とあるので小説で言えば。小説ってものは”何故か”作者と密接に絡んでしまっているので、1巻がつまらなければ2巻も読まないし、その作者の他の作品も読まない。考えてみたら大変なことだ。ドラマや映画みたいに共同作業なら、駄作でも多少は責任が分散されるのだが、小説はほぼ個人で作り上げる作品であるゆえの妙と業か。最初から全力を尽くせ、というのと、いついかなる作品にも手を抜くな、というところか。

……いや違う。新人が最初の作品からネタを温存してんじゃねーよ、か。あ、これだ。







-不詳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「不詳」

「ちょっとスマホいじりながら話すね」

「ちょっとスマホいじりながら話すね」。 出典元、不詳。 女性二人がファミレスで食事していた時の話である。もちろん会話もしていた。別に揉めてもいない。そして、今の時代よくある事である。片方のスマホが鳴っ …

カテゴリー「不詳」

「そういう時は頭ごなしに謝るに限る」

「そういう時は頭ごなしに謝るに限る」 出典元、不詳。処世術、もしくはビジネス的格言。 「あ、やってしまった」、というミスは誰にでもあると思う。誰にでもあるという事は、誰にでもそのあとどうしたかがある訳 …

カテゴリー「不詳」

「ではまず私がたたき台になりましょう。」

「ではまず私がたたき台になりましょう。」 出典元、不詳。おそらくどこかの掲示板の書き込み。 たたき台とは、ある計画や企画などを、しっかりとした手順を構築する前に”とりあえずやってみる”事を言う。ここで …

カテゴリー「不詳」

「こっちなんか鉄板だぞ」

「こっちなんか鉄板だぞ」 出典元、不詳。バイトの内容がどうとか言っている高校生同士の会話より。 「鉄板」という言葉はたまに、「イタリアンならあの店が鉄板だよね」みたいに使われるが、今回のはその意味では …

カテゴリー「不詳」

「あっすいませーん(笑)」

「あっすいませーん(笑)」 出典元、不詳。とある大盛り系飲食店での、女性客の帰り際のセリフ。 行列の出来るカウンターのみの店で、店内は殺伐とまではしていないものの、待っている客に見られながら大盛りメニ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。