言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

小説

「はじめからはじめよ」「そして終わるところまで読み続けよ。そこでやめるのじゃ」

投稿日:2017年4月4日

「はじめからはじめよ」「そして終わるところまで読み続けよ。そこでやめるのじゃ」

「不思議の国のアリス」より、王様のセリフである。
はじめからはじめて、おわりでやめるように、という命令である。当たり前である。

メモが正確でないかもしれないし、そもそも翻訳ものなので、原作がどのような言い回しだったかはわからないが、ものすごい印象を受けた覚えがある。

……言ってる事が当たり前すぎて一瞬考えて納得して、何故一瞬考えたかを不思議に思うぐらいにはインパクトがある。まあインパクトというよりは、味わいがある、もしくは「言葉の妙」と言ったらいいか……。

あの作品自体が、全体的にあたまのおかしー造りになっているので、異常さを出そうとしたセリフかもしれないが……、すごいな。真似が難しい。ああそうか、夢でありそうなセリフなんだ。

……ああそうか、「不思議の国のアリス」自体が夢の中みたいな作品だったんだ。

散々映像化されてると思うが、まあ、する際にはしっかり反映させてほしい名言である。
翻訳オリジナルだったら原著をはじめから読み始め、終わりまで読み続けてお詫びする所存。言ってみただけ。







-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「小説」

「世界を挑発する最高傑作」

「世界を挑発する最高傑作」 出典元、鈴木光司の小説「ループ」の、新書版の帯に書かれているキャッチコピー。これを考えた人は、よくやったもんだと思う。 鈴木光司の小説「リング」は、日本にホラーブームを巻き …

カテゴリー「小説」

「ひょっとして、コレ、まばたきか」

「ひょっとして、コレ、まばたきか」。 出典元、鈴木光司の小説「リング」より。主人公浅川のセリフである。 ホラー小説「リング」は本当に有名すぎて語るべくもないほどの作品だが、ドラマや映画などの映像作品か …

カテゴリー「小説」

「芋からさきに降参して来い」

「芋からさきに降参して来い」 出典元、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」文庫版第六巻より。三好軍太郎のセリフ。 芋とは薩摩藩士の事である。三好軍太郎は長州藩の藩士である。舞台は日本、京都である。時代は幕末 …

カテゴリー「小説」

「ノロイ! よく聞けよ! ガンバがもどってきたんだ!」

「ノロイ! よく聞けよ! ガンバがもどってきたんだ!」 出典元、小説「冒険者たち ガンバと十五匹の仲間」より。ネズミの忠太のセリフ。 ネズミの、と言ってもこの物語にヒトは登場しない。大抵ネズミである。 …

カテゴリー「小説」

「きみは誰なんだ、少尉?」

「きみは誰なんだ、少尉?」 出典元、ボブ・ラングレーの小説「北壁の死闘」より。ヴァルター・ラッサー博士のセリフ。 「北壁の死闘」は名作である。山岳小説と言えば、と聞けば大抵名前が出てくるぐらいには有名 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。