言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

俗称・肩書き・称号

「オオカミ少年」

投稿日:2019年5月12日

「オオカミ少年」

出典元、イソップ寓話より。嘘ばかり吐いていると本当の事を言っても信用してもらえなくなるという教訓。

知らない人もいないと思うが、「オオカミが来た」と嘘を言い周りに迷惑を掛けていた羊飼いの少年が、いざ本当にオオカミが来た時に「オオカミが来た」と言っても信じてもらえず、羊を食べられてしまう話である。単純明快、因果応報であり、そしてここまで分かりやすい教訓というのもなかなかない。「オオカミ少年」と聞いて「オオカミ」「少年」という単語から嘘吐きの事だな、と連想されるのは、よく考えると凄い。絵本は子どもの頃に読んでもらうものである。

問題なのは、いや、頭が痛くなる様な問題なのが、そんな嘘吐きというものが社会においては少年に限らない、というところである。”小学生みたいな嘘”という表現がある様に、”そんな嘘吐いて信じてもらえると思うのは小学生ぐらいだよね”レベルの嘘がある。「隕石が降って来て電車が止まったので遅刻しました」、「友達に芸能人多いけど、あのニュースってこうこう事だって言ってたよ」みたいな、しょーもない嘘である。小学生の吐く嘘みたいだが、吐くのはいい大人なので、聞く側としてはとても痛い。子どもは歳を取ると大人になる。大人になるにつれて、「あ、こんな嘘バレバレじゃん」と思い、吐かなくなって行くのが普通だが、気付けない人もいるのである。つまりいい歳をした大人が小学生みたいな嘘を吐く。「オオカミ少年」、「オオカミ青年」……。それぐらいなら可愛いものである。

「オオカミ壮年」、

「オオカミ中年」、

これらも普通に存在している。大問題である。歳を重ねて、なまじ発言権のある人物になっているとやっかいである。そんな人が嘘ばっか吐いていたら、そばにいたくない。会社でそんな嘘吐く人いないだろ~、と思う人もいるかもしれないが、別に業務上の話に限った事ではない。ちょっとしたニュースの話題で雑談をしていたら、「俺昔その会社と取引してたから知ってるやつ多いけど、」と始まるのである。ハイレベルになると「俺前にその会社(大企業)いてその仕事仕切ってたけど」とかも平気で言い出す。たまたまニュースになっていたこの大企業、その大企業、あの大企業、どれでもあっという間に過去の実績にしてしまうのである。聞いた側のリアクションとしては「そうだったんですか凄いですね」しかなく、本心であるところの「嘘吐けw 本当なら証拠出してみろよ」は言えないのがつらいところである。付き合いが長いと「あんた一体どれだけ大企業の重役をしてたんだ……」という事になり、それらの話題が全て信用出来なくなる。知り合ってからの信用の流れで言うと、初めは嘘とも気付かず凄い人なんだと感心し、次第に嘘っぽいと感じる様になって来て、最終的になにも信じられなくなり、結果、初めの頃に聞かされた内容も全て嘘だと気付いてしまう、そういう流れである。過去にさかのぼって信用を失う。これはなかなかに趣が深い。

面接官などでたくさんの人を見て来て、「目を見れば嘘を吐いているか分かる」と言う人がいるが、過信してはいけない。それは嘘を吐いた本人が嘘と自覚している場合である。高ランク「オオカミ少年」になると、自分の思い付いた嘘経歴を、自分で本当だと思い込んでしまう。本人が嘘の自覚もなく嘘を吐いているので、人生経験豊富な人でも見抜けない、という事態になりかねない。「オオカミ少年」の本領発揮であるが、ただただ迷惑な存在である。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「ラスボス」

「ラスボス」 出典元、RPGなどのゲームにおいて、最後に戦うボスの事。転じて、小林幸子の異名。 転じていない……! 「または、小林幸子の異名」が正しいか。これはこれで凄いが。「ラスボス」は「ラスト・ボ …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「岡山の奇跡」

「岡山の奇跡」 出典元、岡山が生んだアイドル、桜井日奈子(さくらい ひなこ)の愛称。奇跡と言われるだけあって本当に可愛い。 いやしかし桜井日奈子はともかく岡山県にとってその称号はいいのか、と初めて聞い …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「心優しき無敵の龍」

「心優しき無敵の龍」 出典元、SNKのゲーム「龍虎の拳」より、主人公リョウ・サカザキの通称。亮なのに龍。 また綺麗に決まった二つ名である。どのくらい正式に使われているかは分からないが、攻略本やキャラの …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「SGGK」

「SGGK」 出典元、高橋陽一の漫画「キャプテン翼」より。ゴールキーパー若林源三の二つ名。 「Super Great Goal Keeper」の頭文字を取って付けられた。と言ってもファインプレーの連発 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「せんべろ」

「せんべろ」 出典元、不明。いつの頃からか、自然発生的に使われ出した言葉。 意味は「千円でべろべろに酔える」である。せんべろ酒場なら「千円でべろべろに酔える店」という意味で使われる。バブル崩壊後ぐらい …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ
当サイトの記事には、創作物に関するネタバレが多々ありますのでご注意ください。また、真偽の不明な事柄を確定口調で書いている部分もあります。ご了承ください。