言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

コマーシャル

「ドリームプロジェクト」

投稿日:2019年4月18日

「ドリームプロジェクト」

出典元、スーパーファミコンのゲーム「クロノ・トリガー」のCMナレーションで使用されたフレーズ。魂を揺さぶる熱いフレーズ。

ゲーム少年たちのわくわくが止まらない。

世に「ドリームプロジェクト」と言われるプロジェクトは多数あるかと思うが、1995年に日本中のゲーム少年たちを熱狂の渦に巻き込んだ「ドリームプロジェクト」は間違いなく、「クロノ・トリガー」だっただろう。既に人気を博していた「ドラゴンクエスト」の堀井雄二、「ファイナルファンタジー」の坂口博信、「ドラゴンクエスト」の……、と言うか「ドラゴンボール」の鳥山明が一堂に会し、一つのゲームを作るというのである。「ドラクエ」派も「エフエフ」派もいただろうが、そのどちらのファンも食い付く夢の共演である。

ただもちろん、「ドラクエ」の堀井雄二、「ファイナルファンタジー」の坂口博信、「ドラクエ」の鳥山明を並べられると、「あれ?」と思った人は多かっただろう。「ドラクエ」から二人だし。クリエイターから二人で、キャラクターデザイナーが一人なのである。これがシナリオ、キャラクターデザイン、作曲と各分野から綺麗に三人連れて来ていたら分かりやすい共演だったかと思われる。しかしそんな些細な事を吹き飛ばすぐらい、この3人のネームバリューは大きかったので、とてもとても話題になった。「ジャンプ」も「Vジャンプ」も教室もその話題で持ち切りになった。

が、まあ、実際の制作状況はやはり大作RPGなので、多数の人間が関わってシナリオなりシステムなりを作っていく。実際には堀井雄二と坂口博信が顔を付き合わせて細かいところから作る訳じゃないんだろうな、という予想はあっただろうが、思った通り普通にかなり名前だけを借りたと言うかゲームの大枠を形作るところには参加しているものの、プロデューサー的な位置付けで、実際は他の現場ディレクターがメインの制作者となっている。極端に言えばメインキャラクターをしっかり描いている鳥山明が一番、絡みの強い人という事になるだろうか。しかし完成されたゲームは、その様な話題性だけでなくプレイした人からも高評価を得て、歴史に残る名作となったというのだから世の中は面白い。期待は、裏切られなかった。

その後、「ドラクエ」のエニックスと「ファイナルファンタジー」のスクウェアが合併したのは有名な話である。合併した会社の名称は「エニックスクウェア」ではなく、「スクウェア・エニックス」。これもまたゲーム業界とビジネス業界を激震させた大事件だった。これで「ドリームプロジェクト」の人たちが同じ会社になったとも言える……、と思ったら、坂口博信はスクウェアを退社しており、堀井雄二も元々エニックスの人では無かったり、鳥山明はそりゃあ漫画家だしで、あまり合併したからどうとか、また「ドリームプロジェクト」だ、という話にはならなかった。やはり会社を超えてのオールスター感こそが、「ドリームプロジェクト」と呼ばれるべき夢の競演なのだろう。







-コマーシャル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「コマーシャル」

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」 出典元、転職サイト「@type.」のネット広告にあるフレーズ。女性が口元を覆っている写真とのセットが印象的なので、覚えている人も多いだろう。 というか一時期、あっちで …

カテゴリー「コマーシャル」

「だったらすぐ拭く~! イエ~」

「だったらすぐ拭く~! イエ~」 出典元、「UL・OS(ウル・オス) 薬用リフレッシュシート」のCMより。松木安太郎のセリフ。 CMの内容は、主演の三村マサカズが汗だくの状態で満員電車に乗ってしまい、 …

カテゴリー「コマーシャル」

「ビ~ックビックビック、ビックカメ~♪」

「ビ~ックビックビック、ビックカメ~♪」 出典元、家電量販店「ビックカメラ」のいつだったかのCMより。なお、ビッ「グ」カメラではなくビッ「ク」カメラである。 ビックカメラ+コジマや、ソフマップと合併し …

カテゴリー「コマーシャル」

「キャッシュバック」

「キャッシュバック」 出典元、買い物をした際にいくらかのお金が戻ってくる事の名称。お得感がある。 お得感は、ある。しかしこれは、買うと決めている物について、という条件付きである。特に買う気がなかった商 …

カテゴリー「コマーシャル」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」 出典元、爽健美茶のCMより。 爽健美茶は1993年に「茶流彩彩 爽健美茶」として発売され、リニューアルを重ねながら現在も愛されている、……茶である。 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。